最新ゲームPC情報

ゲームが快適にでき一番安いPCパーツ構成を考えてみた

コスパ最高のCPUは

やはり今高性能でコスパのよいCUPとなるとAMDのRyzen 5シリーズでしょう。

 

Ryzen 5 2400G BOXスペック

4コア8スレッド、ソケットAM4対応CPU。基本クロック3.6GHz、最大クロックは3.9GHz、TDP(熱設計電力)は65W。

 

Radeon VegaアーキテクチャーのGPUを内蔵している。

 

むろんゲームPCでは、グラボを積むので、内臓は不要ですが、自作するときは、内臓GPUがないと、最小の構成で(グラボを刺さない)でモニターを表示させられないので不便です。

 

それでも内臓が不要というのであれば、価格差がそれほどない、Ryzen 5 2600 と言う手もある。

 

Ryzen 5 2600スペック

6コア12スレッドで、ソケットAM4対応CPU。基本クロック3.4GHzで、最大ブーストクロック3.9GHz。TDPは65W。

 

3,000円ほどの価格差で6コアになるのは捨てがたい。

 

価格比較

Ryzen 5 2400G BOX \14,961

Ryzen 5 2600 BOX \17,660

 

ただインテルi5も少し安いCore i5 9400Fが出ているので、どうしてもintelという場合はこれも選択肢ですね。

 

Core i5 9400F

Core i5 9400F/(Coffee Lake-S Refresh) クロック周波数:2.9GHz ソケット形状:LGA1151。

 

Ryzen 5 2600は6コア12スレッドにたいして、Core i5 9400Fは6コアだけれど6スレッドというのが大きな違い。

 

価格も今のところ最安で、\19,970 となります。

 

マザーボード選び

Ryzen 5を選択した場合、SocketAM4と自ずときまります。

 

おなじAM4でも、チップセットがX470、B450 、X370、B350、A320と4種類もあってここも見極める必要があります。

 

Ryzen5の性能をフルに発揮させるには、細かいことは説明を省きますが、最新のチップセットB450/X470が一番良いようです。

 

StoreMI に関しては SSD と HDD を 1 つのドライブとして使用する事で大容量且つ高速なストレージを構築出来るのは、B450/X470です。

 

ただそれってどれほど必要なのかはいまいち比較して見ないと分からないですけれど。

 

X470とX370はUSB3.0が6つ、B450、B350はUSB3.0が2つです。

 

まあ、別に分岐パーツを買えば、USBの刺し込み口は増やせるので、6つ同時に使うこともないので、2つでも問題は無いと思います。

 

またUSB3.1 はどれも2つなので、どちらも同じです。

 

PCI-Expressは、X470、X370のほうが8本、B450、B350が6本と、グラボ刺すぐらいしかないので、6本でも多いくらい。

 

A320は4本なので、数的にはこれでも全然問題なさそう。

 

しかし古いA320はBIOSも古いので、選ぶなら最近出たものにしないと、性能が発揮できないかも知れません。

 

価格は5000〜6000円台で変えるので、コスパをよくするのなら、A320なのですが、ただし、最新のものでは、Ryzen7でも問題なく動作しているということで、

 

大丈夫そうな予感です。

 

ただしB450がすでに7000円台になっているので、あえてA320にする必要はなさそうなので、ここはB450を選んでみます。

 

ASRock B450M Pro4

最安価格(税込):\7,538
MicroATX フォームファクタ:MicroATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/B450 メモリタイプ:DDR4
USBは2.0から3.2(3.1) Gen2まで対応していて十分。BIOSが日本語設定可能。

 

SATAは4本で必要十分、まっ6つぐらいあってもいいけれど、この価格では贅沢はいえない。

 

MicroATXだがメモリスロット数4あるので4枚差しもできる、最大64Gまでいける。たぶん2枚しか刺さないが・・・。

MSI B450M PRO-M2

最安価格(税込):\6,980
フォームファクタ:MicroATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/B450 メモリタイプ:DDR4
USB3.1 Type-A
SATAは4本で上記と同じ違いは、メモリスロットは数2で最大32Gまで。

注意点
「USB 3.1」は「USB 3.0」と違い、最大データ転送速度が「USB 3.0」と同じ 5Gbps の「USB 3.1 Gen 1」と 2倍の 10Gbps に向上した「USB 3.1 Gen 2」の 2種類があります。ケーブルを選ぶとき「USB 3.1」でも「Gen 1」か「Gen 2」か確認する必要があるのです。

これを考えると、AMD Ryzen 5 2400+ASRock B450M Pro4=合計22642円(ドスパラで計算)、
AMD Ryzen 5 2600 + ASRock B450M Pro4=合計25,34円(ドスパラで計算)、がいいだろう。

 

ドスパラには、AMD Ryzen 5 2600 + ASRock B450M Pro4 セットのセットがある

 

但し税込み25341円で、個別に買った価格と全く同じなので安くなっているわけではないので注意。

 

Core i5 9400F

こちらも内蔵グラボはないので、Ryzen 5 2600同様グラボがないとだめ。

 

intelを選んだ場合。CPUが出たばかりなので対応マザーボードはどうしても高い。

 

ASRock(アスロック) > Z390 Phantom Gaming 4 最安価格(税込):\13,158
SATA6 本 USB3.1 Type-A/USB3.1 Type-C ATX 
メモリスロット数4

 

ASRock(アスロック) > Z390M Pro4 最安価格(税込):\13,262
SATA6 本 USB3.1 Type-A/USB3.1 Type-C MicroATX
メモリスロット数4

 

MSI(エムエスアイ) > Z390-A PRO 最安価格(税込):\11,536
USB3TYPE-Aが3ポート、USB2が2ポート SATA6 本

 

GIGABYTE(ギガバイト) > Z390 UD [Rev.1.0] 最安価格(税込):\12,970
USB3.1 Type-A ATX 
メモリスロット数4

 

メモリ
AMD Ryzen

安いメモリは1万円以下もありますが、AMD Ryzenは相性があるみたいなので、AMD専用のメモリが安心

 

G.SKILL F4-3200C16D-16GFX (DDR4 PC4-25600 8GB 2枚組) 

 

メーカー名:G.Skill (ジースキル)
ハイパフォーマンスメモリ Flare X シリーズ
AMD B350 / B450 / X370 / X470 チップセット(Ryzen CPU)対応
16GB (8GBx2)メモリ
ドスパラ \13,980

 

Core i5

Intel i5ならこちらの安いメモリでOK>
G.Skill F4-2666C19D-16GNT [DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組]最安価格(税込):\8,870

 

グラボ

価格と性能のコスパでいえばベストなのはこれ
Radeon RX 570 ARMOR 8G [PCIExp 8GB] 
ドスパラ \16,853
しかし安定とちょい上をもとめるのであれば、
NE51660S18J9-165F (GeForce GTX1660 6GB STORMX OC) [PCIExp 6GB]
ドスパラWeb限定モデル\27,950

 

電源
>

玄人志向(クロウトシコウ) > KRPW-N600W/85+

 

600Wで価格が安くて安定している。
ドスパラ、アマゾンで\4,996円と5000円を切っているのが凄い。

 

 

 

 

2019年GWにゲーミングPCパーツ選び・コスパ優先関連ページ

ゲームPCショップリスト
ゲームPCが購入できるゲームPC販売ショップを紹介しています。お勧めのパーツやスペック。ショップブランドなども紹介
最近の売れすじCPU
最新自作向け売れ筋CPUはなんだろう